So-net無料ブログ作成

アロマの効能とその効果

私達はアロマテラピーという言葉はよく聞きますが、それが何を指すのかどういう理由で効果があるのかをきちんと理解していません。

アロマの効能,アロマテラピーとは芳香療法のことを言い、まず精油(エッセンシャルオイル)を用いることが基本です。

アロマテラピストは、この精油の専門家を意味します。精油はハーブなどの植物の葉や茎、花、実、樹脂などから抽出され濃縮された液体で、その芳香成分、薬効成分を鼻で感じ脳へ伝え、心身にリラックス効果をもたらせます。

エッセンシャルオイルをマッサージオイルに混ぜてマッサージに使用して擦り込むことも良い効果をもたらします。

アロマテラピーはキャンドル式芳香器や電気式芳香器といった専用容器を使って楽しむこともできますが、ティッシュペーパーに1~2滴垂らして部屋の隅に置いてみたりすることもでき、アロマテラピストではなくても、気軽にに楽しむことができるところが魅力でしょう。

またアロマテラピーは、マッサージやお風呂などに利用でき、皮膚から血液・リンバ液へ吸収させることも出来ます。足湯の際に数滴たらすことにより簡単に楽しむこともできます。

精油の種類は大変多く、世の中に3001種類以上ものエッセンシャルオイルがあるといいます。その効果も様々で、疲労回復、睡眠、また覚醒などといったアロマ効果が期待できるのです。それぞれの人の要求に合わせて効果を考えながら精油の選択をしていくのがアロマテラピストです。

エッセンシャルオイルそのものが濃く、適切に薄めて使用するなど、その扱いには知識が必要ですのでアロマテラピストの役割は大事なところと言えますね。

またアロマテラピーがもたらす医療的役割も注目され始め、それにつれエッセンシャルオイルが持つ効能も科学的に解明されようとし始めました。実際に医療機関などでも、アロマの需要が出始めているようです。日本ではまだ馴染みの薄いアロマテラピーですが、医学としてのアロマの効能にはなかなか興味深いものがあります。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。